SSC(シェルビー・スーパーカーズ)から7年前に発表されたスーパーカー【SSCトゥアタラ】

8月22日から始まるモントレーカーウィークにて2019年モデルがデビューする事が発表され、そのティザーイメージが公開されました。

2019年モデルのトゥアタラは類のない抗力係数、トラックレベルのハンドリング特性、そして現在の世界記録を容易に上回ると予想される最高速度を誇る次世代ハイパーカーとなるだろうと述べている。

ケーニグセグやブガッティが持っていた世界最高速度を簡単に上回る

SSCの発表によるとブガッティシロンやケーニグセグアゲーラRSと同じく450km/h出せるハイパーカーとなる事がアナウンスされています。

まだパワートレインなど発表されていませんが、6.9リッターV8ツインターボエンジンを採用し、1350馬力/1733Nm以上

また、レース用の91オクタン価のガソリンにも対応すると言われています。

0-100km/hは2.3秒以下でトップスピードはケーニグセグアゲーラRSが持つ457.94 km/h以上と言う事になります。

元々は2013年に量産される予定でしたが、今月末にデビューする新型SSCトゥアタラこそ量産仕様で公開される予定です。

 

こちらが2011年に発表されたSSCトゥアタラプロトタイプ

 

SSC北米は、8月22日から26日までモントレーカー週間で、カリフォルニア州モントレーで開催予定の2019年のSSCツアタラを発表する予定です。

SSC Tuataraは、比類のない抗力係数、トラックレベルのハンドリング特性、現在の世界記録を容易に上回ると予想される最高速度を誇るアメリカ製の次世代ハイパーカーです。Tuataraに適用された技術的な工学の年は、比類のないパフォーマンス、ドライバーの経験、そして車の目立つ存在で明らかにされます。

モンテレー・カー・ウィークの参加者は、ペブル・ビーチ・コンクール・ド・エレガンスで正式なリリースが行われ、数週間のうちにいくつかのイベントを通してツアタラを見て経験する機会が多くあります。

8月24日(金)
Concorso Italiano - 8月25日(土)
カナリア列のエキゾティック- 8月25日(土)ペブルビーチコンクール・エレガンスコンセプト・ローン - 8月26日
(日)これらのイベントでのTuataraの出席は変更される。

SSC北米は、モントレー・カー・ウィークでTuataraの特定のパフォーマンスと製作の詳細を分かち合うことに興奮し、Tuataraを直接体験するイベントに顧客とファンが参加するよう促します。

SSC North America、Tuatara、および今後のイベントに関する詳細は、www.sscnorthamerica.comをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事