1997年にイギリスのスポーツカーメーカーそしてル・マン24時間耐久レースにも参戦しているレーシングカーのコンストラクターとしてMick HydeとPhil Abbottによって設立されたラディカルスポーツカーズ。
ラディカルとは公道を走れるレーシングカーをコンセプトとしてニュルブルクリンクでも記録を持つメーカーです。
そのラディカル創設者の一人でもあるPhil Abbott氏が新たな自動車ブランド「レボリューションレースカーズ」を立ち上げました。
Revolution Racecarsのコンセプトは「レーサーのためにレーサーによって考案、設計、開発され、生産された全く新しいトラック&レースカー」です。

どんなスペックを持つのか?


レボリューションレースカーズのロゴとデザインスケッチが公式サイトにて公開されています。
同社最初の車は「レボリューション」と言う車名で、LMP(ルマン・プロトタイプ)技術と安全性をより多くのレーシング・オーディエンスにもたらしたトラック専用モデルで、開始価格は1500万円以下です。
レボリューションはドイツ製のカーボンファイバータブを使用し車重はわずか675kg
エンジンはフォードマスタングに搭載されている3.7リッターV6エンジンを搭載し300馬力、
何故フォード製エンジンを採用したのかと言うと「実績のある信頼性」と述べており、9600km(100時間以上)のレースを行うことができるとコミットメントしています。
トランスミッションはラリー、ヒルクライム、プロトタイプ、ラリークロス、その他のレースカーで使用されるトランスミッションを担当する3MO社製6速シーケンシャルギアボックスが採用されます。

Revolution Racecars第1弾の車「レボリューション」は11月シルバーストーンでお披露目



レボリューションのデザインはデザインスケッチを見て分かる通りレッドブルX2010に似た外観でフォーミュラ1スタイルのコクピットになると予想できます。
11月2日~3日からシルバーストーンで開催されるMotorsportDays.LIVEでワールドプレミアされます。

http://revolutionracecars.com/

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事