ポルシェはフルモデルチェンジされる2020年型ポルシェ911タイプ992のテストを行っている所発見されています。
タイプ992では空冷エンジン最後のモデルとなったタイプ993の様なクラシカルなスタイリングになっており、新型パナメーラに似たリアデザインになっています。
992型ではいよいよハイブリッドモデルも登場すると言われています。
10月のパリモーターショー2018でワールドプレミアが予想され、カレラ2S/カレラ4Sは2019年2月、カブリオレモデルは4月、911ターボ/カレラGTSは2020年2月頃にディーラーに並ぶ予定です。

 

992にもMTとPDKモデルが存在

ポルシェ992には引き続きマニュアルトランスミッションとPDKモデルで展開。
インテリアはパナメーラと同じく大きなデジタルスクリーンが採用されますが、レブメーターのみアナログメーターが採用される事が過去に目撃されたプロトタイプから明らかになっています。
911カレラは395馬力、911カレラSは444馬力程度になると予想されています。
そして911ハイブリットには3.0リッターフラット6エンジンに追加の70kW発揮する電気モーターと10.8kWhのバッテリーパックが搭載されると予想されています。

 

992 GT3はウィングが付かない?

高性能モデルとなる992 GT3も目撃されており、開発初期段階からなのか判断出来ませんが、GT3伝統の固定リアウィングは付いていないようです。
アクティブウィングになるのかな?まだ現時点は判断出来ませんね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事