フロリダ州にあるアメリカ最大のポルシェディーラーであるチャンピオンポルシェにて詐欺事件が発生しています。
チャンピオンポルシェの元副社長Shiraaz Sookralliは最上級モデルでもある911GT3、911GT2RSなどを求める数十人の顧客に対し、優先的に割り当てると顧客を騙し、2億8000万円以上を詐欺を行ったとして訴えられています。

 

訴訟によると、Sookralli氏は、最初に "Champion Autosport"という別会社を作ってその口座に購入希望の顧客達から入金させ、勿論車を用意する事なくそのまま夜逃げしています。

チャンピオンポルシェ側は訴訟を起こされた8月迄この事実を把握していませんでした。
他にも2016年7月にM&L Luxury Carsと言う会社がSookralli氏とチャンピオンポルシェと一緒に限定車の911Rを販売する契約を顧客と結びましたが実際には911Rが納車されず、これも裁判沙汰になって支払い済みの金額を返還するようように判決が下っていました。
Shiraaz Sookralliは現在行方不明で、3億円近くも詐欺をされており、顧客に全額戻ってくる可能性は低いです。
Shiraaz Sookralliは10年前からポルシェの販売を行っており、顧客を信用させ金を騙し取る最悪な人物です。
この訴えが全て事実となればポルシェ関連でもっとも被害額の大きい詐欺事件となりポルシェブランドにも大きくキズが付きます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事