1990年のジュネーブモーターショーでデビューしたメルセデスベンツ190E 2.5 16V EVOLUTION II
これがここ数年で中古市場の価値が急上昇しており、現在3800万円で販売されています。
メルセデスベンツでプレミアが付いている車と言えばCLK GTRなど限定車がありますが、190E 2.5 16V EVOLUTION IIも弾数も少ないのでこれからどんどん価格が上昇傾向にあります。

 

メルセデスベンツ190E 2.5 16V EVOLUTION IIのスペック

メルセデスベンツ190E 2.5 16V EVOLUTION IIはDTMホモロゲーションを取得するため世界限定502台のモデルで2台はシルバー、残り500台は公道モデルとして全てブラックカラーで販売されました。(日本には50台が輸入されました。)
2.5リッター直列4気筒エンジンは235馬力/245Nmのトルクを発生。
車重1.290kg
0-100km/hは7.1秒、最高速度は250km/h
5速マニュアルトランスミッションでシフトバーには個別番号が割り振られています。
今回販売された車両は36/500で走行距離は48,112キロ。
オイル交換も定期的に行われ、劣化するゴムパーツも全て取り替えパーツ類も整備されている高コンディションなので3800万円とかなり高額。
日本にも数台190E 2.5 16V EVOLUTION IIが販売されていますがどれも2000万円以上。これからどんどん価値が上がる事が予想される名車です。
この時代のメルセデスベンツは四角いヘッドライトが非常にカッコよく本物のウッドパネルなど使用され非常に美しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事