マクラーレンセナに続くアルティメットシリーズ最新モデルで1993年に発売されたマクラーレンF1と同じく世界限定106台、マクラーレン史上最高のトップスピード391km/hを上回るパフォーマンスを持つ【マクラーレン・スピードテール】が先程ワールドプレミアされました。
BP23(ビスポーク・プロジェクトの2ドア3シーター)と言う開発コードで720Sをベースに開発されたハイパーGTです。
P1と同じくガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッドパワートレインを採用しフォーミュラマシンの技術も導入されています。
限定生産される106台は発表前の2016年11月の段階で既に完売しており中古のプレミア価格でしか入手する事が出来ません。

 

最高速度403km/h史上最速のマクラーレン


マクラーレンスピードテールは最高速度403km/h
12.8秒で0-300km/hに到達します。(P1は16.5秒)
セナとは異なりリアウィングは搭載せず航空機と同じ機能のアクティブ・リア・エルロンを新搭載。
スピードテールの走行モードにはVelocityモードを搭載し最大速度を達成するためにパワートレインとアクティブな空力を最適化し、車体を35mm下げます。
タイヤにはピレリが特別に開発したP-ZERO™タイヤが使用されています。
オールカーボンファイバーボディー、アルミニウムアクティブサスペンション、カーボンセラミックブレーキなど軽量エンジニアリング技術を使用し車重は1,430kg(P1は1395kg)
ミラーの代わりに格納式のデジタルリアビューカメラを搭載し前輪にはカーボン製エアロカバーも装着しています。
エレクトロクロミックガラスはボタン一つでフロントガラスの上部を暗くし眩しさを軽減させる事も可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事