本日世界初公開された最新モデル「マクラーレン・スピードテール」(Mclaren Speedtail)
P1と同じくハイブリッドガソリンパワートレインを搭載しベロシティモードではトップスピードの403km/hまで出せる次世代のハイパーGTです。
世界限定106台でアメリカ市場では35台も購入者が居ますが、マクラーレンスピードテールはアメリカでは公道で走る事が出来ない事が判明しています。
なぜアメリカではスピードテールのナンバープレートが取得出来ないんでしょうか?

 

公道を走れない2つの大きな理由

アメリカで公道を走れない理由は2つ。
まずは特徴的な3シーター、これがアメリカではアウトです。

過去にパガーニウアイラにも同じ問題がありましたが、エアバッグシステムがアメリカではアウトです。
センターコクピットはハンドルにエアバッグが仕込まれているので勿論問題ありませんが、両サイドの助手席のエアバッグが基準を満たしていないと指摘されています。ですがこれは後部座席と言う認識でセーフの様な気もしますがそもそも2ドア3シーター車なんて他のメーカーから発売されていないで助手席なのか後部座席なのか判断が難しいですね。個人的にはドアが同じ位置なので助手席と認識されると思います。

 

 

もう一つがサイドミラーとバックミラーをカメラ化した新装備

先日日本でも世界に先駆けサイドミラーをカメラ化したレクサスがオプションで約30万円で販売されましたが、サイドミラーのカメラ化が公道で走れる国は日本以外ではまだ少なく勿論アメリカでも違法なので公道は走れません。
マクラーレンのカメラは空気抵抗を減らす為格納する事が出来る初めてのシステムです。

通常は公道を走る事は出来ないが勿論裏ワザはある。

このままではアメリカではサーキット専用モデルになってしまうマクラーレンスピードテールですが、
35台もアメリカで販売されているので勿論ナンバープレートを取得する方法があります。
それは "Show or Display" と呼ばれるルールです。
これはアメリカの連邦自動車安全基準が定めたルールで歴史的または技術的意義がある車両にのみ特別に公道を走れる様にする特別ルールで1999年8月13日に施行されました。
これは米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が車両を厳重に管理し、年間4023kmのみ走行する事が許可されます。
このShow or Displayを申請すればマクラーレンスピードテールもアメリカでちゃんと走れる事が可能ですが、残念ながらディーラーはこの登録プロセスはやってくれませんし支援もしてくれません。全てオーナー自身で申請するか専門の業者に頼む必要があります。
Show or Displayによってナンバープレートを取得している車の一部にはランボルギーニ・ディアブロGT、メルセデスベンツCLK-GTRロードスター、SLRマクラーレンスターリングモス、日産スカイラインR34 GT-R V-Specなど結構多くの名車やスーパーカーが登録されています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事