「マクラーレン720S」とそのハイパフォーマンスモデルでマクラーレン最後の非ハイブリッドのハイパーカー「マクラーレンセナ」
2台とも4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し720PSと800PSとパワースペックは全く異なる2台のモデルの加速比較動画が公開されています。

 

加速性能ではセナよりも720Sの方が上?


各加速性能での対決。
0-60mph(0-約100km/h)や0-100mph(0-160km/h)などの加速対決エンジンスペッが非力な720Sの方が速いです。
逆に加速状態から完全停止はセナの方が速いです。
これは固定リアウィングが付いているセナが不利なのは当たり前で、加速状態から停止迄の時間はウィングが付いているセナの方が有利なので速いです。
勿論この対決にはタイヤの性能も大きく関わっており720SはPirelli P Zero Corsaタイヤ、セナにはPirelli P Zero Trofeo Rsタイヤが装着されています。
今回はドラッグレース対決でしたが、セナと720Sとの比較は全部で4部作でいよいよセナの本領を発揮出来るサーキット走行での比較対決も今後公開されます。
サーキット走行ではセナが圧倒的に速くなるのは言うまでもなさそうですが720Sもなかなか速そうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事