イギリス製ライトウェイトスポーツカーとして1994年に発表された二人乗りスポーツカー【ロータスエリーゼ】

トヨタ製エンジンを搭載し現在でも発売されている人気のスポーツカーです。

車名にはロータス伝統の「E」から始まるエリーゼと言う名が付けられていますが、この女性がエリーゼの元となった人です。

エリーゼの名前はブガッティ元会長の孫娘の名前を車に使用

イタリアのビジネスマンで当時ブガッティとロータスの会長だったロマーノ・アルティオリさんは可愛い孫娘の名前を車名に付けたいと提案し、孫娘のエリーザ・アルティオリからロータスエリーゼが生まれました。

時は過ぎ彼女は大人の女性になり、22年前に記念撮影に使われた赤いエリーゼと再び撮った写真が公開されています。

Lotus_Elise

この機会を通してエリーザさんはイギリス・ノーフォークにあるヘセルテストトラックにてエキシージスポーツ410とエヴォーラGT410を走らせました。

新型車に自分の孫娘の名前を付けちゃうなんてロマーノおじいちゃんはよっぽど孫が可愛かったんでしょうね。

ロータスは現在中国の吉利汽車に買収されCEOも中国人へと変わり大きな変革期を迎えようとしています。

2020年には新型車としてエスプリが発売予定でロータス製SUVの発売も控えています。

現在ではエリーゼも今では色違いの限定車しか出ていませんが、こちらも2020年以降フルモデルチェンジが期待されています。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事