世界限定900台のスーパーカーとしてデビューしたランボルギーニアヴェンタドールSVJ。
前モデルのアヴェンタドールLP750-4SVロードスターと同じくSVJロードスターも限定車として今後登場予定です。
そんなランボルギーニアヴェンタドールSVJロードスターのプロトタイプがいつものカモフラージュ柄でデザインを隠しフロリダ州サラソータの公道にてテスト走行が行われています。



アヴェンタドールSVJクーペのエンジンフードはウラカンスーパートロフェオと同じく取り外しが簡単なエンジンフードに変更されていましたが、
SVJロードスターも同じく取り外しが容易なエンジンフードに変更されているでしょう。
おそらくアヴェンタドールSVとは異なりガラスにはなっていないと思われます。
性能はクーペより重くなり加速性能も若干劣るとは思いますが、価格は上がり、限定900台以下になると予想されます。
前モデルのアヴェンタドールSVが限定600台、SVロードスターが限定500台だったのでSVJロードスターは限定800台になりそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事