ランボルギーニオフィシャルからデビューに向け続々とティザーイメージが公開されていますが、やはりデビュー前に全体画像のリーク情報が出てきました。
既にカモフラージュ柄で見ているので驚くべきデザインではなく予想通りでしたが、これがランボルギーニアヴェンタドールSVJです。
初期ロットのアヴェンタドールSVJはデビュー前に完売済みだそうでニュルブルクリンク最速の市販車が間もなく正式にデビューします。
アヴェンタドールSVJにはウラカンペルフォルマンテに初搭載されたALAが更にバージョンアップしたALA2.0が搭載され最も強力なV12自然吸気エンジンを搭載したハンドリングマシンです。

アヴェンタドールSVJは限定何台生産されるんだろう?
SVJロードスターの登場も控えていますが、これが最後の非ハイブリッドのV12エンジンモデルになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事