ポーランドに拠点を置くDesign Epicentrumはスーパーカーをイメージしたソファーやデスクを販売していますが、
44台限定でアヴェンタドール風のデスクを約400万円~受注生産を開始します。
サイズはW190/D160/H80、全てガラス繊維で手作りされています。
自動車販売店、アミューズメント施設やエンターテイメントセンターの受付に最適な面白いデザインでデスクの裏側には収納スペースもちゃんと機能されています。
カラーリングは200色からセタン書く可能でオプションでヘッドライトを光らせる事も出来る面白いギミックが付いています。
勿論ランボルギーニとライセンス契約を結んでおりませんのであくまでも「アヴェンタドール風」でランボルギーニ伝統のファイティングブルのエンブレムは付けられません。


本物のアヴェンタドールと比べると10倍ぐらい安いですが、机に400万はかなりの高額。
やはりアミューズメント施設やスーパーカーを専門にあつかう中古車ディーラーにはオススメですね。
レーシングデスクの他にもレーシングソファもあるので興味ある方は公式サイトで是非。

http://www.designepicentrum.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事