ジュネーブモータショー2019で公開されるとアナウンスされたアゲーラシリーズの後継モデル。
まだティザースケッチ以外コードネームやスペックなど明らかになっていませんが、McLarenlifeのフォーラムから次期アゲーラのスペックがリークされています。

次期アゲーラの予想スペック

  • 車重1200kg以下を目標
  • アストンマーティンヴァルキリーAMR Proに似たフロントでレゲーラのビットも付いている
  • 最大エンジン回転数9000RPM
  • 1440馬力(テスト中)
  • ケーニグセグ伝統のカーボン式タルガトップ

I've heard some things about this car.
Took this information with a large grain of salt (I don't really know this source).

*A target weight of less than 1200 kilos.
*A very Valkyrie AMR Pro front with a bit of Regera.
*Higher engine speed (9000 RPM).
*A power of 1440 Hp (Engine still under test).
*A removable roof that apparently doesn't fit in the trunk, unlike the RS.
*A tiny bit of hybridization.

If this information are true, it's gonna be crazy.


ヴァルキリーのフロントってこんな感じのデザインになると言う事でしょうか?
現状アゲーラRSのスペックが1341馬力で車重は1395kgなので来年公開される次期アゲーラは世界最速の量産車を更に上回るスペックを持つと言う事になります。
来年公開すると言う事はもうケーニグセグ社内では仕様などが決まっており、エンジンなどもテスト用に作っている事でしょう。
次期アゲーラはどんなスペックになるのか分かりませんが、ヘネシーヴェノムF5やSSCトゥアタラ、ブガッティディーヴォなどハイパーカーを更に凌駕する車になる事は間違い無さそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事