映画007スペクターに登場した未発売のハイパーカー「ジャガーC-X75」が販売されています。
007スペクターに登場したオリジナルカーのアストンマーティンDB10のカースタントを繰り広げたスーパーカーでジャガーが元々発売する予定ではありましたが、世界的経済不況で発売が見送られた幻のジャガーです。

ジャガーC-X75は映画のスタント用に使用された4台中の1台

ジャガーC-X75は5.0リッターV8エンジンが搭載された映画用のスタントカーで実際に発表されたジャガーC-X75とは外見こそ同じですが、中身は全く違います。
映画で使用された車はメタリックオレンジでしたが、販売された車はブルーメタリックとなっており、
元々はジャガー開発を進めていたプロトタイプの中の1台で、1.6リッター4気筒ターボ+スーパーチャージドエンジン、800馬力を発揮するハイブリッドパワートレインなどの他5.0リッターV8スーパーチャージドエンジンなどテストされていたプロトタイプで今回販売されたのは最後の5リッターV8モデルになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事