エンツォ・フェラーリは30年前に死亡しました。マラネッロを拠点とする同社はこの機会を利用して創業者に愛情のこもった言葉を捧げています。フェラーリは実用的な夢想家の一例で、スポーツの成果と市場の優位性から世界的に知られるようになりました。
「あなたが想像することができれば、あなたはそれを行うことができます」という彼の好きなモットーの一つでした。そして、フェラーリが、彼の好奇心が集中している生活の中で、習慣やモデナとマラネッロを離れることはめったにない一連のルーチンによっても強調されたアイデアを実際に作り出すために、特別な能力を持っていたことは間違いありません。

エンツォ・フェラーリは1988年8月14日に死去

エンツォ・フェラーリは決して休暇を取らなかった。ときどきアドリア海でヴィゼルバで半日を過ごしたとき、彼は家に帰る途中で会社に飛び込み、彼が持っていた考えを書き留め、すべてがうまくいっていることを確認しました。就寝前に会社とそのスタッフに背を向けて少し軽くする必要があるかのようなものでした。厳格な父親、彼は彼の90歳の誕生日には、工場で一緒に食事を1700人がポイントに、彼の従業員との真摯かつ正直な関係を持っていた...。

エンツォ・フェラーリは、1988年8月14日から30年間フェラーリから物理的に逃げてきたが、彼と仕事をした人たちは職業としての仕事に対する情熱と尊敬を同僚に伝えていた。Enzoによって最後に承認された最後の車である1987年のF40と同じように、現在のFerraris全員が自分のDNAに組み込まれた情熱を捉えて示します。プランシング・ホースを身体に運ぶ車はすべて、エンツォ・フェラーリの夢、現実の夢で活気づけられているため、フェラーリは常に公道でもトラック上でも際立っています。

F50の後継モデルは創業者の名を付けたエンツォ・フェラーリ

エンツォ・フェラーリ、もはや説明不要ですね。

当時ピニンファリーナに在籍していた奥山清行氏がデザインを担当し、ボツを食らいまくって最後のチャンスで10分で書いたラフスケッチがエンツォ・フェラーリのデザインに採用されました。そしてエンツォ・フェラーリが最後の社外デザインのスペシャルモデルです。

実はエンツォってサイドミラーが左右非対称なんですよね。
エンツォ・フェラーリの価値はもう1億以下で入手する事はなく、平均で3億前後で取引されています。
世界限定399台+1台で今では信じられませんが7800万円でした。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事