F1ドライバー以外非常に厳しい購入条件が課せられている最も価値が高いラ・フェラーリアペルタがいよいよ9月8日から始まるグッドウッド・リバイバルで開催されるボナムズオークションに出品されます。

ラ・フェラーリアペルタが公開オークションに登場するのは2例目で通常2年間は転売禁止例があるのでまず出回らない1台です。

ラフェラーリクーペと比べると屋根が開いているだけでかなり高額

ラ・フェラーリアペルタの走行距離は5900km
ステアリングホイールには「Limited Edition」と書かれています。

ラ・フェラーリアペルタは世界限定210台しか存在せず、顧客に販売されたのはわずか200台のみでした。
インテリアは黒と赤でボディカラーはネロ・デイトナ(黒)
車体番号 ZFF86ZHT5H0223362

予想落札価格は7億1000万円~9億2800万円と屋根が開いてるだけのラ・フェラーリにとんでもない値段が予想されています。
このオークションでラ・フェラーリクーペも出品されますが、走行距離は510kmで予想落札価格は3億円~4億円の間と予想されています。

9億って値段を聞いてしまうと性能も高くて走行距離も低いラ・フェラーリクーペの3億円がお買い得に聞こえちゃうから不思議だ。(白目)

ちなみに1年前にフェラーリ創立70周年を記念して開催されたオークションに出品された210台目走行距離0のラフェラーリアペルタは8億9500万円で落札されセーブ・ザ・チルドレンに全額寄付されました。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事