フェラーリ公式からペブルビーチ・コンクール・デレガンス最終日に発表されたマラネッロ50代目のドロップトップモデル【Ferrari 488 Pista Spider】が実車初公開されました。


488ピスタクーペと同じくイタリア語でサーキットを意味するピスタと言う名称が付けられたオープンモデルで最も高性能なV8エンジンを搭載した最新のモデルです。
488スパイダーと同じくメタルトップ型のコンバーチブルモデルでレーシングカーの488GTEと488チャレンジ譲りの最新テクノロジーが搭載されています。

488ピスタクーペと走行性能は全く同じの最高のコンバーチブル

フェラーリ488ピスタスパイダーは基本的に488ピスタクーペと同性能で、
3.9リッターV8ツインターボエンジンは720馬力/最大トルクは770Nm
0-100km/h 2.85秒
0-200km/h 8秒
最高速度 340km/h
と基本的な走行性能はクーペと変わらず劣化していません。
電動式のメタルトップを採用した事で重量は100kg上がり車両乾燥重量は1380kgとなり実質的に488ピスタよりも性能は上がっています。
ラフェラーリアペルタもクーペタイプと全く同じ性能だったのでこの辺はランボルギーニも頑張ってほしい所です。

488ピスタスパイダーに搭載されているテクノロジー

488ピスタスパイダーには458スペチアーレで初めて採用されたSSC(サイドスリップコントロールシステム)がSSC6.0にアップデート。
世界で初めて488ピスタクーペに搭載されたFDE(フェラーリダイナミックエンハンサー)も引き続き488ピスタスパイダーに採用し458スペチアーレと比べコーナリングスピードを格段にあげています。
エンジンにははカーボンファイバー・インテークプレナムやチタン製コンロッドなど使用し、ボディパーツにもカーボンやオプションでカーボンホイールも用意され極限まで軽量化されています。

ジュネーブモータショー2018でデビューしたばかりでまだ納車も住んでいない地域がある488ピスタですが1年も経たずにすぐ488ピスタスパイダーが発表される非常に珍しいサプライズでした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事