たった今ブガッティから新型ハイパーカー【ブガッティ ディーヴォ】がThe Quail:A Motorsports Gatheringで世界初公開されました。
ディーヴォはシロンベースのハイパーカーでコーナーリングとハンドリング性能重視に開発されました。
シロンと同じく8.0リッターW16クワッドターボエンジンが採用され1500PS
空力特性を限界迄高めたモデルでサスペンションとシャシーの設定は変更されシロンと比べ35kg軽量化され、ダウンフォース性能は90kg増加、横加速度は1.6gに引き上げられました。
トップスピードは380km/hでリミッターが発動しシロンとは異なり400km/hは出せませんが、イタリアのナルド・サーキットでのタイムはシロンよりも8秒も速いタイムを記録しています。


 

ディーヴォは究極のハンドリングマシン

ブガッティCEOのステファンヴィンケルマンはブガッティディーヴォは横加速度、敏捷性、コーナリングの点ではるかに高い性能を備えておりシロンが最高速度を出す車ならディーヴォは最速でコーナーを走る車だと述べています。

ディーヴォ専用に開発された空力特性はブガッティビジョングランツーリスモと同じく固定ウィングやエアロブレードが追加され、
シャシーとサスペンションも一新されています。
重量はシロンと比べ35kg軽量化の1961kg
シロンよりも90kg多くダウンフォースを生み出します。

価格は6億4600万円で既に完売済み。名前の由来は伝説のレーサーから

ブガッティディーヴォは世界限定40台のみ発売される超限定車で世界一定価が高い6億4600万円(500万ユーロ)で発売されますが、ワールドプレミア前に既に完売済み。
中古車で入手するしか方法がありませんが、6億で完売している状態なので最低でも7億以上で中古市場に出回る事になります。
ブガッティディーヴォは1920年代後半に開催されていたタルガ・フローリオでブガッティタイプ35で2度も優勝したフランスのレーシングドライバー、アルバート・デーィヴォから命名されたスペシャルモデルです。
ステファンヴィンケルマンCEOは最後に「このディーヴォは人々と世界を興奮させるさらなるプロジェクトです」と付け加えています。
「ブガッティのファンは私たちにとって非常に重要です。」と発表しています。


 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事