8月24日にデビューする世界限定40台、量産車で世界一高価な6億3000万円(500万ユーロ)で発売されるブガッティ・ディーヴォ

の最新ティザーが公開され車体フォルムのデザインが判明しました。

以前公開されたティザーにはフロントアーチ部分にエアロブレードが付いてテールライトはアストンマーティンヴァルカンの様なブレード型LEDライトが採用される事が判明していましたが、新しいティザーを見るとブガッティビジョングランツーリスモと同じくLMP1タイプのシャークフィンに固定リアウィングが付きそうです。

シロンではサイドのデザインがChironのCをイメージしたデザインになっていましたが、ディーヴォではDivoのDをイメージしたサイドデザインになる事も明らかになりました。


ブガッティディーヴォにはDをイメージしたサイドデザインとウィングが付く事が判明

ディーヴォはタルガ・フロリオのマウンテン・レースを2度優勝したフランスのレーシング・ドライバー、アルバート・ディーヴォの名前を冠した限定車です。
ヴェイロンやシロンと違い最高速度には興味は無く、コーナリング性能に特化したハンドリングレスポンスを持ったハイパーカーで究極のダウンフォースを生み出します。

ブガッティディーヴォはいよいよ一週間後に正式にワールドプレミアされます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事