既にデビューした2019年BMW8シリーズの新たな派生モデルとして「8シリーズカブリオレ」のPVやカタログ写真がスコットランドで撮影中の所目撃されています。

勿論8シリーズクーペのソフトトップモデルになります。

8シリーズカブリオレとグランクーペは2019年に登場

BMWのハラルド・クルーガー氏はソフトトップモデルの「8シリーズカブリオレ」と4ドアクーペセダンの「8シリーズグランクーペ」を

2019年に発売すると発表しています。

今月中にはZ4がデビューし、数カ月後にはX7、10月のパリモーターショーでは人気の3シリーズの新型車の発表が控えているので8シリーズカブリオレとグランクーペの発表のタイミングが分かりませんが、撮影している以上間もなく公開される事は間違い無いでしょう。

8シリーズカブリオレですが、ソフトトップを採用する事によりクーペと比べ約100kg~125kgほど重量が上がり車重は2000kgを超える可能性があります。
将来的にはM8カブリオレの可能性もありライバルのメルセデス・ベンツSクラスクーペと比べどれ程市場に受け入れられるのかが注目されますが、8シリーズはレースにも参戦しているのでSクラスクーペよりスポーティーな印象です。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事