フルモデルチェンジされるBMW3シリーズ(G20)がいよいよ10月2日から始まるパリモーターショー2018でワールドプレミアされますが生産工程のティザームービーが公開され、シャシー製造プロセスから品質管理まで、組立ラインが公開され、パーツの一部が明らかになっています。

NEW3シリーズ(G20)は最も強力な4気筒エンジンを搭載


BMW3シリーズは重量分布が50:50、前モデルよりも55kg軽量化され重心もより低く設定されています。
抗力係数0.23を誇るコンパクトエグゼクティブセダンは、今までのBMWに搭載されていた最も強力な4気筒エンジンを搭載します。
G20からヘッドライトのデザインも大幅に変更され、Z4と同じ様なデザインに変更されています。
BMW3シリーズはパリモーターショーでワールドプレミア後価格が発表ると思いますが、既に生産ラインを紹介しているのですぐ納車が始まりそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事