アストンマーティンはビークルダイナミクスチームの開発拠点をイギリスのシルバーストーンサーキットに新設しました。
「ナショナルサーキット」「インターナショナルサーキット」「ストウサーキット」の3レイアウトの英国を代表するサーキットで、
アストンマーティンはテストおよび開発マシンのテストサーキットとしてシルバーストーンサーキットを使用し、12月から完全稼働出来る様に移転します。

 

Aston Martinの自動車エンジニアリング担当チーフエンジニア、Matt Beckerは次のように述べています。「シルバーストーンの新しい基地は、次世代のアストンマーティン車両を開発するためのリファレンス回路を提供します。シルバーストーンは、車のダイナミックスを実践する素晴らしい場所で、良い車を素晴らしい車に変えるための微調整を行います。当社の才能豊かなエンジニアチームとハイパフォーマンステストドライバーは、オフィスのすぐ外にレーシングサーキットを備えています。


シルバーストーンサーキットは今後発売されるラピードEやミッドシップエンジンレイアウトのスーパーカーのほか、様々なアストンマーティンの開発に使用されます。

英国シルバーストーン:Aston Martin Lagonda(AML)の車両ダイナミクスチームは、英国モーターレーシングの本拠地であるシルバーストーンの新しい家に鍵を渡しました。シルバーストンのストウサーキットと並んで、アストンマーティンシルバーストーンは、英国の高級自動車メーカーのテストおよび開発プログラムの永続的な基盤を提供し、12月には完全に稼動します。

アストンマーティンが毎年完全に新しい車に複数のスペシャルエディションを加えたことにより、車両ダイナミクスの専門家はプロトタイプの車両テストの忙しいプログラムを持っています。シルバーストーンの世界クラスのサーキットとダイナミックハンドリングエリアの選択はシャシーダイナミクスと高速開発を扱う。

Aston Martinの自動車エンジニアリング担当チーフエンジニア、Matt Beckerは次のように述べています。「Silverstoneの新しい基地は、次世代のAston Martinsを開発するためのリファレンス回路を提供します。シルバーストーンは、車のダイナミックスの暗い芸術を実践する素晴らしい場所です。良い車を素晴らしい車に変えるための微調整です。当社の才能豊かなエンジニアチームとハイパフォーマンステストドライバーは、ドアの外にレーシングサーキットを備えています。」「

修理が完了すると、Aston Martin Silverstoneは現場の技術者を現場でサポートする最先端のワークショップを誇りますすべての活動。

シルバーストーンのストーサーは、ラピードE、マルケス初のSUV、将来の中型エンジンスポーツカー、Lagondaなどを含む将来のAston Martinsを開発するために使用されます。

アストン・マーティンのシニア・マネージャー、イアン・ハートリー(Ian Hartley)の車両エンジニアリングは、彼の部署のために新しい家庭が提示する機会に興奮しています。彼は次のように述べています。「私たちの車がさらに高性能になるにつれて、軌道開発への依存度が高まります。Stowe回路と残りのSilverstone回路への定期的なアクセスは大きな開発上の利点になります。それは道路上の乗り物とステアリングの属性を洗練させ、チューニング可能なものを変更する前に取り扱いの特性を非常に迅速に評価することができます。

現在、チームは英国で乗り心地調整作業を行い、ヨーロッパ各地のサーキットに向かい、高速の乗り心地、ハンドリング、ステアリングを評価しています。Aston Martinの安定性制御(ESP)の開発の大部分はヨーロッパのテストトラックで行われているため、新しい英国の基地が本当の利点になるでしょう。

Silverstoneはパフォーマンスベンチマーキング、耐久性試験にも使用され、Powertrain Systems Developmentの本拠地となります。シルバーストーンセンターは、新しいアストンマーティンが完璧に磨かれていることを保証します。

プレスリリース

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事