アストンマーティンラゴンダは第2の生産施設として元国防総省が所有していたセント・アサンにある空軍基地跡地に新工場がほぼ完成しました。
現在100人の従業員が在籍し、2020年第1四半期までに700人に増加する予定でアストンマーティン初のSUVとして発表されたDBXコンセプトも2019年10月以降から生産が始まります。
セント・アサンの工場はアストンマーティンが今後力を入れる電気自動車の本拠地となる予定です。
ランボルギーニウルスやフェラーリのSUVのライバルになるアストンマーティンDBXは当初電気自動車として発表されその後V12エンジン、V8ツインターボエンジンになるのでは?と色々噂されていましたが、この工場で2019年10月以降から生産すると言う事はコンセプト通り電気自動車になる事が分かります。
まずは4ドアセダンのラピードEが発売しDBX、そしてサブブランドとしてラゴンダの高級電気自動車が本格的にこの工場で作られます。

この工場はペイントショップや組立ラインの他、テストコース、オフィス、VIPエリア、食堂など全ての設備を整えた新工場で来年10月から生産が始まるDBXに向け2020年3月迄には社員を700人以上増加させる予定です。

2019年の第1四半期に予定されていたアストン・マーティン・ラゴンダの最初のSUVの発表に伴い、新しいSt Athan生産施設を完成させる作業が進んでいます。国防総省の「スーパーハンガー」シリーズとしての生活を始めたこのサイトは、最先端の贅沢な製造工場に完全に変身しています。1つはイギリスのmarqueの第2の生産施設であり、marqueの計画されたBEVモデルが生産に入るとき、最終的に会社の 'Home of Electrification'になります。

すでに約100人の従業員が暮らしているSt Athanは、Paint Shopが完全に設置され、生産ラインの建設が進行中であり、完成に近づいています。最初のプロトタイプモデルの生産が始まる2019年第1四半期の早期に完全に委託されれば、労働力は200に近づくだろう。70人以上のウェールズ人従業員がSt Athanチームに参加し、 Aston Martin LagondaのGaydon本部で、アストン・マーティンの方法を学んだの半年。

このコアグループの専門家は、St Athan工場の新社員を養成します。彼らは、2019年の上半期に着実に増加している労働力で忙しいと確信しており、DBXの生産が増加するため、2020年の第1四半期までに700以上に急速に増加しています。

Aston Martin Lagondaの社長兼グループ最高経営責任者のAndy Palmer CEOは次のように述べています。「St Athanの施設が完成すると、これがAston Martin Lagondaの大胆な新時代の始まりであるというのは本当の意味です。第2の生産施設は、第2世紀計画を実施するための重要なステップです。St Athanの施設は当初、最初のSUVの生産から始まりますが、最終的には世界初の高級電気自動車ブランドLagondaを含む豪華な高性能EVの生産のための卓越したグローバルセンターとなります。

St Athan工場を見ることに関心のある人は、最終的な完成段階に入ると、工場の魅力的な閉鎖型の垣間見るために、新しい生産施設の "ビデオツアー"を受けることができます。

ちなみに現在日本に来ているアンディーパーマーCEO

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事