DBSスーパーレジェーラがデビュー前にも既に目撃されていましたが、偽装パーツやカモフラージュ柄で一切隠されていない状態の「アストンマーティンDBSスーパーレジェーラヴォランテ」がニュルブルクリンク近くでテストされているのが目撃されました。
DB11ヴォランテと同じく電動式のソフトトップが採用され、基本性能はDBSスーパーレジェーラクーペとほぼ同じです。
5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載し715馬力/899Nm
0-100km/hは3.4秒、トップスピードは340km/h
車重はDBSスーパーレジェーラクーペが1693kgでしたが、DBSスーパーレジェーラヴォランテでは50kg~100kg程上がり加速性能が若干落ちると思われます。

 

DBSスーパーレジェーラヴォランテのデビュー時期は?

DBSスーパーレジェーラは6月末に公開されたばかりで、クーペと同時に開発も進められており、
ご覧の通り偽装されていない状態でヴォランテモデルがテストされている事から早くて来年3月のジュネーブモーターショー2019でデビューが期待されますが、
DB11ヴォランテも開発をアナウンスしてからすぐ公開されると思われていましたが、実際はかなり時間が掛かったのでジュネーブモーターショーではまだ早いかもしれません。
それにDBSスーパーレジェーラヴォランテの前にアストンマーティンヴァンテージロードスターが順番的に登場するはずですが、ヴァンテージロードスターはまだプロトタイプすら目撃されていません。
アストンマーティンは現在、ヴァンテージのマニュアルトランスミッションモデルを開発中でヴァンテージMTが出た後にロードスターが登場すると思われます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事