海外の要人向けに人気の防弾仕様の高級車。
今まではメルセデスベンツSクラスやBMW7シリーズやキャデラックなどリムジンや4ドアセダンモデルの装甲車が作られてきましたが、2+2シーターのアストンマーティンDB11の装甲車が販売されています。
装甲仕様のアストンマーティンDB11を制作したのは誘拐、カージャック、強盗など様々な犯罪から実を守る為に装甲車を専門に手がけるTRASCOが手掛けています。

レベル4の装甲性能を持ち総重量は変わらず。

画像を見て分かる通りガラスは分厚い特殊加工の素材に変更され、ボディパーツも変更されて150kg増加しレベル4の安全性(拳銃程度なら無傷)を持ちますが軽く出来る所は軽量化され総重量はノーマルのDB11と変わりません。これは新技術のTRASCO A-KIP®を採用した事により、軽量かつ装甲性能も上がっています。
アストンマーティンDB11は5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載し608馬力/700Nm
車重も変わっていませんので基本性能はノーマルのDB11そのままの感覚で運転出来ます。
TRASCOはアストンマーティンの他にもフェラーリやロールスロイス、ポルシェやジャガーなど装甲車仕様に改造する事も可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事